2010年10月03日

素人ピナ〜禁断の恋


夜の仕事をした事のないピナと出会いますた♪
(友人ピノイの彼女の知り合い)



若干お猿さんがミックスされてまつがピュアで恥じらう姿に萌え萌えバキューン(プ



スソは寂しい限りでつがお尻も小さくて細身で超愛らしい
(*^_^*)



きっといつも良い子のパオロに神様がご褒美をくりたんだな



ありがとう神様
O(≧∇≦)o


こりからもバンバン予備園の記事に登場するでしょうから可愛いニックネームを付けねばなりませぬ♪



名前は『細カワちゃん』に迷わず決まりますた♪



今年度の【ベストニックネーム大賞】にエントリーすます♪



ライバルは某氏かな
(#^.^#)♪




パオロ
『細カワちゃんは本当に可愛いね♪アコが見たフィリピーナの中で1番可愛いよ♪』




細カワちゃん
『ありがと♪イカウは他の日本人と全然違う…1番楽しい♪リラックスする♪嬉しい♪』




オチたな( ̄-+ ̄)♪




パオロ
『今度どこかに遊びに行こうよ♪』




細カワちゃん
『いくいく♪イカウと一緒だとお父さんといるみたいで楽しいから♪』





堕ちたな(゚ーÅ)アコ





予告
『近親相姦への道(プ』




posted by パオロ at 20:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ピナのピンボケ発言


はい♪
またまた大好評のコラボ企画第二弾♪



今回はジャン天帝の君ウトとのコラボでありまつ♪
(※パクり企画ではないでつぉ〜)


【最近あったフィリピーナの面白い言動を少しずつシリーズにしてお送りしたいと思います】




最近では無いのでつが某所で少々ウケが良かったので調子こいてアップでつ(プ



まだこりはパオロが厳しい事をババエに言えば教育できると浅はかに考えていた愚かな頃の話しでつ…





本編♪




知り合って二週間のラブラブなパオロと当時の彼女候補ピンクちゃん(仮名)



ピンクちゃんは毎日毎日事あるごとにメールや電話をしてくる天然アマイ系の可愛らしい子でした♪



ところが三週目の店が休みの日曜日に連絡が全く取れなくなりました
(´゚ω゚`)



明けて月曜日の午後7時半に電話があり


『ごめん…土曜日少し酔っ払って携帯を店に忘れちゃった』




パオロは当然烈火の如く怒りペナルティーを課します


パオロ
『もう絶対!携帯を店に忘れるなよ!もし忘れたら1時間のイラマだぞ!』



ピンクちゃん
『わかった…もう絶対に携帯を忘れない!もし忘れたらイカウの言う通りにする』



翌週は連絡があったものの…

お約束と言いますか予想通りと言いますか翌々週は連絡が取れない
(´゚ω゚`)


明けて月曜日…

パオロ
『イカウ!また携帯忘れたか!』




ピンクちゃん
『携帯は忘れてない…』




パオロ
『あぁ〜?じゃあ何で電話しても電波届かないのメッセージになってるんだ!?』




ピンクちゃん
『忘れたは携帯じゃない!【充電器】だけお店忘れた!』






( ´Д`)

山田く〜ん!座布団二枚!





予告
『まだ早い!って言ったのはイカウなのに†』



posted by パオロ at 20:28| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

土深夜徘徊3


一人取り残されたパオロは半生ちゃんの遅い時間店へ




本日三軒目扉オープン〜ありもこりも(プ



先ずは半生ちゃんが勢いよく着座♪


なんか日に日にデカクなるような…
(´゚ω゚`)



そんな事を考えていたらジャン天帝の元彼女が挨拶に来ますた

Σ(・ω・ノ)ノ!


パオロ
『おぉ〜久しぶりな〜』


天帝元カノ
『姫は元気?』



あ!そういえば昔は姫の店にもいたんだっけ…



軽く挨拶を済ませたら次にカウ爺さんの前の彼女のベストフレンドが半ラシン状態で

『爺はどうした?新しい彼女可愛いよね〜今爺どこ?死ねばいいのに…』



パオロ
『さっきご飯一緒に食べたけど…もう帰ったよ』



フワフワと半ラシンが去っていったので久しぶりに半生ちゃんのスソと戯れようかと思ったら!




『どうも〜♪』




Σ(・ω・ノ)ノ!




本日一軒目の
癒し子ちゃんだ(プ


他にも二、三人見たことあるのや接触したのがいて軽く笑顔だったり会釈だったり…殺意バリバリで睨み倒されたり(プ
遺恨な同窓会のよう
( ´Д`)



半生ちゃん
『ベテランか〜イカウ!どんだけ知り合いおんねん!』



パオロ
『みんなアコの友達の元彼女だよ〜』




半生ちゃん
『ふ〜ん…じゃ!姫は?』




Σ(・ω・ノ)ノ!




半生ちゃん
『姫はここに来た事あるよ♪知ってるからアコ』




パオロ
『そっかぁ〜姫はアコの前の彼女だからな…』




半生ちゃん
『じゃ…エロ姫と乱姫は?』




(´゚ω゚):;*.';:ブッ




ブログにも登場させてない姫を!

何故に半生ちゃんが知っている!?



パオロ
『前の彼女だからな〜付き合ってるときは大好きだったぞ』




半生ちゃん
『じゃあ…』




パオロ
『もういいってば!昔の話しじゃん』


癒し子ちゃんにもドリンクを出し仲良く三人で乾杯♪



不機嫌気味に話す半生ちゃんと通訳気味に話しを整理してくりる癒し子ちゃん…



ただ…癒し子ちゃんは何故かアコの手をずっと握っている(プ

なんか…この日のこの瞬間は半生ちゃんより癒し子ちゃんが良いなぁ〜なんて思ってしまう恋多き天使のパオちゃん♪



ややこしや〜(ブッ



そんなこんなで起きてから23時間が経過し睡魔に負けてチェック♪




Fin




予告
『ピナの摩訶不思議発言♪コラボ企画第二弾』

posted by パオロ at 18:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

土深夜徘徊2


白鵬の店を出たプタツがお店を出ると見覚えのある爺が空き缶を拾っていた
(´゚ω゚):;*.';:ブッ


爺はくしゃくしゃの千円札を握りしめてドヤ顔を決め込んでいた

ドヤ!( ̄-+ ̄)ノ[1000]〜ピラピラ〜クシャクシャ〜


その瞬間笠間が決まり三人は新しいと言うお店に呼び込み任せで突入♪



本日二軒目扉オープン〜中身は老舗店(プ



(▼▼)さん、パオロ、爺さんと座り


(▼▼)さんにはフワッとしたババエが付いてタイタニック状態♪



パオロにはキャバ嬢を10年やってます的なババエがついた
(以下 キャババアちゃん)



爺さんにはP童貞の教祖が昔指名していたババエがついた♪
いつも通り強烈なビンタをいただいて恍惚の表情で昇天している♪



パオロはキャババアちゃんに『イカウは何を歌っても演歌だね♪ヒゲがおかしいよ♪ちんこ触っていい?』などと小馬鹿にされたがテテをマッサージしてくりたのでオールOKである
(´゚ω゚):;*.';:ブッ


ただパオロのテテは連日のバテバテ地獄でガッツリ睡眠中だったのが何より悲しかった
(゚ーÅ)



次回は少しでもタモさんを溜めて再挑戦するぞと心に誓う(プ



なんじゃかんじゃでババエのノリは皆良かったので行く店が無いときはいいんじゃないかな
( ̄-+ ̄)


楽しい時間はアッちゅー間に過ぎチェック♪




店を出ると見覚えのある婆さんが眉間にシワを寄せて怒っていた
)`ε′(



どうやら婆さんは爺さんの持ち帰るくしゃくしゃの千円札を待っていたようだ(プ



婆さん
『飯じゃ!レバニラが喰らいたい!』




四人で中華の達人の店に入りお腹一杯♪



婆さんの素敵な講義が楽しかったでつ♪


その後
爺さんと婆さんは仲良く手を繋いでブルーシートの家に帰っていった(プ


(▼▼)さんも帰宅…



一人取り残されたパオロは…





予告
『土深夜徘徊3』




posted by パオロ at 20:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

土深夜徘徊1


某土曜日…軟禁状態だったパオロは監視の目をかい潜り逃走に成功♪



しかし時間はすでに10時を過ぎている…


今から用意したりなんだりかんだりで界隈着は日付がかわるかな〜


などと色々考えていましたが
(▼▼)さんと数ヶ月前から気になるお店がプチ郊外にある話しをしていたのを思いだしメール発射♪



(▼▼)さん
『なんじゃい!ゴラッ!どこじゃい!ゴラッ!』



パオロ
『○○区のお店なんでつきど…』



(▼▼)さん
『相変わらずの情報の少なさやな!ワレは暗号マニアかいっ!まぁええ!連れてったるわ!ゴラッ!』



と笠間にはなったのでつが…


店長に連絡すると女の子が○人しかいないと
(´゚ω゚):;*.';:ブッ



ど!土曜日なのに?
(´゚ω゚`)



う〜〜〜〜ん…



※ここまでを中毒カフェ跡地で執筆(プ




んなわきで…
予定変更して(▼▼)さんが前から目を付けていたプチプチ郊外店へ(プ



本日一軒目扉オープン〜うわっ!



かなりの大物がいまつ!
デカイな!白鵬くらいだろうか?



そそくさと席につき白鵬だきは付かないでくりとあらゆる神様に祈りを捧げ潤んだ瞳でババエを待つ可愛いパオちゃん
(ノ_・。)


ヨシ!
アラサーではあるが比較的タイプのババエが付いた♪
(以下 癒し子ちゃん)



(▼▼)さんはパオロより奥に座ったので白鵬の侵入は無理だ!



と…安心していたら奥の壁が開いていく!



Σ(・ω・ノ)ノ!



白鵬だ!




白鵬は壁かと思われたパーテーションを自らの怪力で移動させ
わざわざ(▼▼)さんの席に付いたのだ



そこまでして(▼▼)さんの横に座りたかったんだ〜♪可愛いとこあるじゃん
(*^_^*)



思わずアコがインラブになりそうになったが


やはり見た目は白鵬である(プ


(▼▼)さんより一回りデカイ(恐



パオロは笑いを堪えて見て見ぬ振りをして癒し子ちゃんと色んな話しをしてインラブになったところでお時間♪





予告
『土深夜徘徊2』



posted by パオロ at 19:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。